逆流性食道炎 何科

食後に胃がもたれる感じがあり……

食後に胃がもたれる感じがあり……

  • ぱんぷきんさん 女性/50代

私は1年半ほど前に、食後に胃がもたれる感じがあり、それまではあまり出たことのないげっぷがよく出るようになったので、受診して胃カメラを受けたところ、中程度の逆流性食道炎と診断されました。

お医者さんの話では、ストレスや加齢、そして脂肪分の多い西洋型の食事が原因とのことでした。薬をもらって飲んでいますが、最近ではだいぶ良くなりました。でもいまだに油ものを食べてしまった後にもたれて、げっぷが出ることがあります。特にソーセージや肉を食べたりコーヒーを飲んだ後にもたれることが多いです。

自分でも油ものやお肉をなるべく食べないよう気をつけているほか、昼食にたっぷり食べ、夕食を軽くすると調子はいいようです。また食事後すぐに横にならないようお医者さんに言われました。胃酸が食道へ逆流しないように姿勢を保つことも大切なようです。

逆流性食道炎という病名のような症状になった

  • パックさん 女性/40代

私が逆流性食道炎という病名のような症状になったのは約3年前でした。真夜中にいきなり胸に痛みが走りました。ジリジリする厳しい痛みにびっくりしながらも場所は食道っぽいなと気づきすぐに台所に飛んでいきコップの水をいっきに飲み干しました。

そしたらスーっと治っていったので、やっぱり食道だったんだとわかりました。それからもその症状は数度あり、最近になってテレビにCMなどで「逆流性食道炎」だということに気づきました。

そんなしっかりした病名があるなんて初めてしったので驚きましたが
逆に安心しました。意味不明な自分のみにおこる症状だと思っていたので。それからは自分なりに本を読んだりネットを調べたりして原因と改善の方法を勉強しました。

年齢的なものも原因にあるのですが、他ではまずストレスが大きく関係しているみたいです。なので、とにかく早寝早起きをして、睡眠だけはしっかりと取り、ストレスを受けない身体を作ろうと努力しました。

あとは寝る前とかにお酒など食道や胃に刺激のありそうなものは飲まないようにすること。これらを実践していくうちに、知らず知らずの間に逆流性食道炎なる胸の痛みが起こらなくなっていきました。食道などは自律神経が支配しているので、やはりストレス対策が一番なのかなと実感しました。

寝ようと思ったら食道に痛みが!?

  • Tさん 女性/50代

2年前に夕食を終えて風呂に入り、寝ようと思うと食道を雑巾を絞るような痛みがありました。横になると痛みが強くなるので布団の上に座って1・2時間すると落ち着きます。

丁度その頃、市の健康診断の案内があり胃の検診を受けたところ、精密検査のハガキが届き、病院で胃カメラを受けました。診断の結果、十二指腸潰瘍の自然治癒後と逆流性食道炎の指摘がありました。

ファモチジンDの、内服薬の処方があり治療が始まりました。ファモチジンの効果は良好で痛みが無くなり、3ヶ月の、通院でなおりました。

あれから1年以上経ち、1・2回痛いことがありましたが、予備で取っているファモチジンを服用すると5分で痛みは治まりました。それ以後体調が良いので受診はしていません。


次の体験談 ⇒ 高校2年生の時に逆流性食道炎になりました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional